★★★★☆

映画「17歳の肖像」のあらすじとレビュー

▲Amazon Prime videoに飛ぶ▲

総合評価

話の展開
大人の恋への憧れ
女として男と対等に生きる
ちょっとしたホラー
受験を控えた女子高校生におすすめ

ロンドンに住む女子高校生が、オトナの恋にすっかり溺れてしまう話。
パリジェンヌに憧れる、ロマンチストで、「ちょっと背伸びしたい時期の女子学生」が、大人の男性との出会いをきっかけに、勉強はそっちのけで、どんどん恋に落ち、盲目になっていく。だが、とある出来事をきっかけに、最終的には、教育の大切さを理解する。

あるよね、あるよね、大人の恋に憧れる時期!学生の彼女には知らない世界をたくさん見せてくれるオトナの彼氏。憧れのパリにまで連れて行ってくれちゃうオトナの彼氏。でも、安易に彼女に手を出さず、大事にしてくれるオトナの彼氏。自分の若い頃と重なって、キュンキュンして純愛ドラマを楽しんでいたのに…話は終盤で急展開。年の差カップルをデレデレと見続けていたかったのに…最後の最後にでどんでん返し‼女性の私からしたら、ホラーやサスペンスに近いドキドキ感や恐怖を感じた。あれだけ前半に夢を見させてくれてたのに、最後の最後にイギリスのキャリアウーマンにガツンとお説教を食らうイメージである。「女性が自分の身を守るには教育しかない!」…最後にこんなメッセージをぶつけてくる。

この英題は”An education”、日本語で「教育」という意味であり、「男性に頼らず、女性が自立する為に教育というものはある」という意味合いで題名が付けられたのだと思うんだけど、ちょっと考え方が古いかな?日本の題名「17歳の肖像画」の方がピッタリ。まぁでも、恋愛に振り回されて勉強が全く手につかないような、受験を控えた女子高校生が観たら、モチベーションアップに繋がるかも?!おすすめの映画。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA