★★★☆☆

映画「チョコレートドーナツ」のあらすじとレビュー


▲Amazonプライムビデオで観る▲

ゲイのカップルが、実母にネグレクトされた自閉症の子どもを養子として育てようとする話。心の底から子供を愛しているのに、「同性愛」であることが子どもの育成に「悪影響」と裁判所で判断され、親権を取り上げられてしまう。アメリカのダークサイドを写した作品。
差別する人に見られる自分の気に入らないものは徹底的に攻撃して排除しようとするスタンス、更にはそういった行為に喜びを感じる姿に身震いする。こういう人たちを見ると、問題があるのは少数派の人たちじゃなくてお前らの心なんだよって言いたくなる。差別することは「選択」だと思っている想像力の乏しい人たちにぜひ見てもらいたい作品。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA