★★★★☆

映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のあらすじとレビュー

▲Amazonプライムビデオで観る▲

アメリカ人で初めてトリプルアクセルを成功させたトーニャ選手の壮絶な人生を描いた作品。最後まで見るのが辛い映画だった。スポーツをするためにこの人は生まれてきたんじゃないか…?というほどの精神力・身体能力を持ちながら、周りの人にどうしてもに恵まれず、オリンピックまであと一歩のところでスケート界を引退させられてしまう。プロとして成功するには実力だけじゃダメなんだなぁと悲しい気持ちになった。英才教育って子供を本当に狭い世界に閉じ込めてしまうよね。幼少の頃から学校以外は全てスケートで高校へは行かず、暴力や罵倒が当たり前の親と過ごしていたら、まともな社会性なんて身につかないと思った。あのトーニャならではの力強い演技が観られなくなったのを当時の人は残念に思ったに違いない。おすすめ映画。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA