★★★★☆

映画「コーヒーをめぐる冒険」のあらすじとレビュー


▲Amazonプライムビデオで観る▲
大学を中退し「自分探し」と言って毎日グダグダ過ごしている少年が気だるい日常の中で、様々な人の「人生の断片」に触れるといった作品。酒やタバコ、珈琲といった嗜好品が気だるい雰囲気を効果的に生み出していて、それはまるでテレビの画面から香りが漂ってきそうなほど。のんびり時間があるときに鑑賞したい映画だ。こういう映画を観ると、人生とはただ死ぬまで生きることなんだよなぁとつくづく思う。先日観たドイツ映画「ピエロはお前を嘲笑う」で主演の男の子「トム・シリング」の演技が良かったのでこの作品を選んだが、観てよかった。とても楽しめた。スローな映画が苦手な人にはお勧めしません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA