★★★★☆

映画「レッド・ファミリー」のあらすじとレビュー

▲Amazonプライムビデオで観る▲

総合評価★★★★☆
北朝鮮の工作員視点で描かれた斬新な映画★★★★★

韓国に派遣された北朝鮮の工作員4人が家族のフリをして生活しながらスパイ任務を遂行するという話。任務を始めるにあたり、ごくごく平凡な韓国の一家の隣に住むことになり、近所付き合いが始まる。このありふれた韓国の家族の日常を通して、工作員によるニセ家族の人生のシリアスさを対照的に映した作品だ。

普通、スパイ映画っていうと、アクションの華麗さだったり、派手な演出やストーリー展開を楽しむものが多い。しかしこの映画は、スパイ個人個人の内面にとことん寄り添った、ヒューマンドラマ色強めの作品になっている。

「北朝鮮」の名前を耳にすれば、その中で生きる国民にまで思いを馳せることなく、「ヤバい国」とレッテルを貼って済ましていた。しかしながら、工作員である彼らだって一人一人、愛する家族がいるのだ。簡単には会えぬ北で待つ家族を思いながら、任務を遂行する。そんな姿に号泣してしまった。

この映画を作った韓国側の人たちってすごい。国家間の問題を解決するのは、その中の国民を知ることが第一歩なんだなぁ。そんなメッセージを私は受け取った。こういうアートや芸術が世界を変えるのかも、とすら思った。とても悲しい映画だけど、自分に全く新しい視点を教えてくれた特別な映画。観終わったときに、北朝鮮がぐっと身近に感じられる。北朝鮮の国民にいつか平和が訪れますように。おすすめの映画。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA