★★★★☆

映画「スターリンの葬送狂騒曲」のあらすじとレビュー

▲Amazonプライムビデオで観る▲

なんだこのクズみたいな映画は…!
旧ソ連のスターリンの死後、部下6人によって行われた権力争いの話。スターリン政権の「むごさ」をこれでもか、というほどバカバカしく描いているザ・ブラックジョーク的な映画。歴史に無知な自分でもとても楽しめた。スターリン死後直後、それぞれが「畏れている」スターリンの方針を自分の都合の良いように解釈し、権力を握ろうとする。くだらなすぎる茶番の背後に鳴り響く「スターリン万歳!」の掛け声と、それと共に聞こえる「銃声」が全く笑えないスターリン政権の残酷さを物語っている。ロシアではなんと上映が禁止されているそうだ…。それもそのはず、もしスターリンがこの映画を見たら、関わった人は全員死刑でしょうね…。超おすすめ映画。

▼映画本数で選ぶなら▼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA