★★★★☆

映画「ピエロがお前を嘲笑う」のあらすじとレビュー

▲Amazon Prime videoに飛ぶ▲

最初は「いたずら」をして世間をにぎわせていたハッカー集団が、徐々にその存在をハッカー界のトップに認められたいと思うようになり、危険な世界に足を踏み入れるといった話。果たしてこのハッカー集団は警察から逃れることができるのか?またハッカー界での地位を確立することができるのか?
この映画のポイントはハッカー集団を率いる天才ハッカーが「透明人間」と呼ばれるほど存在感のない地味な少年であり、この「コンプレックス」がキーワードとなって最終的には身を助けるのだ。伏線の張りすぎで後味がぼやけてしまったが、ハラハラ感を十分楽しめるスリラー映画。ドイツの作品です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA